ご挨拶


 TES(大田女性ネットワーク)

会長 奥山 睦

 

20年の歴史を次世代へ継承するために

 

 TESは、1996年、東京都大田区の財団法人大田区産業振興協会と男女平等推進室のバックアップを頂き、1年をかけて設立準備をすすめてまいりました。
 そして、1997年11月に「大田女性企業家ネットワーク」として、起業準備者、個人事業者、法人事業者を対象に発足致しました。早いもので今年で創立20周年となります。
設立目的としては以下の2つを掲げています。
(1)女性企業家の地位向上への取り組み
(2)ネットワークを活かしたプロジェクトによる新事業の創造

 

 今期会長を拝命された私は設立準備段階からのメンバーの1人であり、1999年から2005年までの6年間にわたって会長を務めさせて頂きました。このたび縁あって2期目の会長をさせて頂くことになりました。
 前回の任期中には、
韓国での「アジア大都市ネットワーク21」国際女性会議や内閣府や東京都の男女共同参画推進セミナーへの登壇、テレワーク啓発イベント、他地域の女性経営者との交流会等様々な機会を頂き、グループとしての研鑽を積んでまいりました。

 また、2000年にTES会員有志の共同出資による(有)イーテス(現(株)イーテス)を設立し、地域のIT化推進事業に取り組んでいるのも会としての成果の1つです。
 今期はそれらの経験を活かし、大田区から女性の柔軟で多様な生き方・働き方を発信していくことを責務として、気持ちを新たに鋭意努力してまいります。


 2016年には「大田女性ネットワーク」に改称し、「企業家」のみの制限を外しました。
ここには次世代の育成・支援を視野に入れようという願いがこめられています。そしてより入会しやすい準会員制度も創設致しました。


 「働き方改革」が国家的な課題として掲げられ、女性の活躍が今後ますます期待されております。TESはメンバーの多様性を尊重し、女性のもつしなやかなネットワークを活かし、新たな価値創造によって、社会と地域に貢献していく所存でおります。

 

どうぞ今後ともよろしくご支援・ご協力の程、お願い申し上げます。